膝が痛い

ムコ多糖類が膝軟骨の元

ムコ多糖類とは、細胞と細胞をつないでいるゼラチン質の物質。関節や皮膚、内臓、眼球など、あらゆるところに存在しています。

 

ムコ多糖類は保水性・吸水性に優れ、水分や栄養素をしっかりと蓄えることができます。

 

そのため肌の健康を維持したり関節のクッションの役割などをしています。またドロドロ血を緩和したり、コレステロール値の低下させる働きも持っています。

 

ムコ多糖類は、体にとって役立つ物質ですが、作りだす量は年齢とともに急激に減少していきます。そのため肌の張りが失われ小じわが増えたり、関節の動きがスムーズではなくなったり、といったことが起きてきます。

ムコ多糖類を多く含む食品

ムコ多糖類を多く含む食品には、牛・豚・鳥の軟骨、皮、内臓など、魚類ではウナギ、ドジョウ、スッポン、フカヒレ、サメの軟骨、アンコウ、貝類、マグロやカツオの目玉、野菜では長いも、納豆、ジュンサイ、オクラ、その他キノコ類などがあります。

 

 

ただ、こうした食材を調理すると、高脂肪、高カロリー、高コレステロールに陥りやすく、日常の食事として摂り過ぎると、肥満や高血圧を引き起こしやすくもなります。

 

普段の食生活からムコ多糖類をなかなか補給しにくいという人はサプリメントを上手く活用しましょう。

 

そのときはムコ多糖類と相性の良いコラーゲンも一緒に摂ると効果的でしょう。コラーゲンが細胞と細胞をしっかり連結してくれますので、より良い体作りを手伝います。

 

 

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット
グルコサミン高配合1760mg、初回 10%オフ!製薬会社の厳格品質
www2.kobayashi.co.jp


関節痛ケア Top 関節痛改善の注意点 グルコサミンの有効性 グルコサミン一覧 人気サプリランキング キャンペーン中サプリ