膝が痛い

なぜ女性に変形性膝関節症(膝関節痛)が多いのか

変形性膝関節症(膝関節痛)は年齢とともに患者数は増加していきます。また性別に見ると、男性に比べ女性の方がはるかに高い発症率となっています。なぜ女性の方が変形性膝関節症になる人が多いのでしょうか?

 

さまざな研究が行われていますが、実は正確な理由はいまのところ明らかにされていないのです。

 

諸説ありますが、以下の理由が言われています。

 

■膝や脛骨の形からくる理由
女性は、若い時にはX脚気味で、年を取るにつれてO脚気味になることが多く、膝への負担が大きいため

 

■膝関節の大きさからくる理由
男性と比べ女性の骨格は小さく、関節も弱く小さいため

 

■肥満
肥満になれば膝への負担が高まります。女性の場合、下半身を中心に肥満になりやすく、このため膝への負担が大きい

 

■ハイヒールによる膝への負担の大きさによる理由
若い時にハイヒールをよくはくなど、不自然な姿勢を続けてきたことにより膝への負担がかかっているため

 

■運動不足による理由
若い時に運動をあまりせず、中年になって太ることで膝関節に負担をかけてしまうため

 

 

これらの中には普段の生活から気を付けていれば、ある程度変形性膝関節症を防止することが可能な場合もあります。

 

姿勢よく生活をし、膝に負担をかけない程度に体を動かし、少しでも肥満にならないように気を付けることも大事です。

 

また体の中で作りだされるグルコサミン量の低下をサプリメントで補給してあげることもお忘れなく。


関節痛ケア Top 関節痛改善の注意点 グルコサミンの有効性 グルコサミン一覧 人気サプリランキング キャンペーン中サプリ