膝が痛い

膝の関節痛ケア注意事項

膝の関節に痛みがある場合のケア・関節痛を普段から予防するための注意事項を記載しています。
「歩く」は日常生活にとって欠かせません。普段からケアしておくことで、健康的な生活を送ることができます。

 

運動療法

太ももや膝周辺の筋肉を鍛えることで膝を支える筋力を強くしたり、座った状態で膝を曲げたり伸ばしたりする動作を繰り返すことにより、関節が動かせる可動域を広げていくことにより、痛みなどの症状を和らげます。プールでの水中歩行や朝起きる前の屈伸運動も効果的です。
※痛みが強いときは無理をしないようにしてください
また体重が増えるとそれだけ膝への負担を増やしてしまいます。普段から太り過ぎないように注意しましょう。

 

患部を温める

関節が冷えることで関節痛が強まります。温湿布や電気治療法などで患部を温めることによって血行をよくし、痛みを緩和します。

 

水をしっかり取る

関節軟骨の約8割が水分で構成されており、関節軟骨の水分が少なくなると、軟骨が擦り減る速度が増加してしまいます。日頃から意識的に水分をとることを心がけましょう。

 

サポーターをする

サポーターを使うことにより衰えた関節を上下左右から支え、筋肉の動きをサポートし、曲げ伸ばしを楽にします。またサポーターは患部を保温する効果もあります。

 

サプリメントを服用する

普段から継続してグルコサミンを補給することで、年齢ともに減少してくる軟骨成分の再生を促します。一般的に1日に必要なグルコサミン量は、1,000mg〜1,500mg(体重によります)と言われています。

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット
グルコサミン高配合1760mg、初回 10%オフ!製薬会社の厳格品質
www2.kobayashi.co.jp

UMIウェルネスのN-アセチルグルコサミン
1日1粒だけ、水が無くても飲めるN-アセチルグルコサミン
www.umiwellness.com/


関節痛ケア Top 関節痛改善の注意点 グルコサミンの有効性 グルコサミン一覧 人気サプリランキング キャンペーン中サプリ