膝が痛い

膝が痛いとお悩みの方へ 関節痛ケアのすすめ

高齢社会を迎えた今、膝が痛い(特にヒザ関節痛)とお悩みの人が増えています。

 

50歳(早い人では40代から)を過ぎると膝の関節痛を訴える人が急増し、男性よりも女性に多いのも特徴、「歳をとるにつれて歩くのがつらい」「膝が痛くて階段の昇り降りがつらい」「立つとき、座るときつらい」など悩みはさまざまです。

 

膝に痛みが発生したり炎症をおこす原因は、

 

・細菌などが関節に入ることにより炎症を引き起こす感染症
・傷による外傷
・リウマチ
・痛風
などが考えられますが、

 

膝の関節痛の最大の原因は、“加齢による軟骨の減少”と言われています。

 

年齢とともに関節のまわりの軟骨がすり減ってきて、かたい骨と骨がこすれ合うようになることが関節痛の原因になります。

 

痛みを生じると、ストレスになり、また運動も制限されるため、軟骨の再生能力が低下し、ますます軟骨が減少するという悪循環に陥ることになります。

 

これにさらに拍車をかけるのが、老化による筋力の低下です。筋力が低下すると、関節にかかる負担を筋肉で支えることができなくなり、痛みを増強する原因になります。

 

また、加齢や運動不足により、血行不良になると、軟骨の再生にも悪影響を及ぼします。

軟骨成分は年齢とともに減少

歳を重ねても心身ともに、ハツラツとして充実した人生を送るために「膝の健康」はとても大切です。

 

骨と骨とをつないでいる関節は「軟骨」で覆われています。軟骨は骨が受ける衝撃を和らげたり、関節を曲げ伸ばしするときの摩擦を防ぐ、いわばクッションのような役割をしているところです。

 

軟骨の原料となる成分が「グルコサミン」ですが、この「グルコサミン」は加齢と共に体の中でつくり出す量が少なくなり、だんだん減っていくと言われています。歳を重ねるとスムーズに動けなくなる方が多いのはこのためです。

 

軟骨の原料となる「グルコサミン」を適切に補給することで健康的な毎日を過ごすことができます。

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット
グルコサミン高配合1760mg、初回 10%オフ!製薬会社の厳格品質
www2.kobayashi.co.jp

UMIウェルネスのN-アセチルグルコサミン
1日1粒だけ、水が無くても飲めるN-アセチルグルコサミン
www.umiwellness.com/


関節痛ケア Top 関節痛改善の注意点 グルコサミンの有効性 グルコサミン一覧 人気サプリランキング キャンペーン中サプリ